歯の健康が一生を左右する

かつては体の健康に比べると歯の健康は見過ごされがちでしたが、最近ではオーラルケアが健康な生活を維持するために大切だと分かってきました。歯は毛と違ってどんどん生え変わるものではないため、歯が健康なうちからケアを始めることが重要です。また、もし歯を失ったかたもそのままにせず、インプラントなどで抜けた歯を補っていきましょう。

インプラントをしてる人に聞いた!インプラントをするきっかけTOP3

口元
no.1

健康な歯を削る必要がなかったから

ブリッジ治療すると両側の健康な歯を削る必要があります。また両側の2本の歯には、欠損した歯を含む3本分の力がかかり、健康な歯への負担が大きくなります。このような話を聞いてインプラント治療に踏み切った患者は多いです。

no.2

硬いものを噛めるようにしたかったから

インプラントでは人工歯根を顎の骨に結合させる処置を行います。インプラントを組み込めば、自分の歯と同じように硬いものを噛む力が取り戻せます。そのため、食べることが好きで様々な食べ物を楽しみたい人が、インプラント治療に踏み切ることがあります。

no.3

見た目をなるべく綺麗にしたかったから

インプラントでは、隣の健康な状態の歯を削ることがないので、治療後の見た目は元の健康な歯と近い状態になるという特徴があります。自分の歯と同じような感じとなることから、周囲の目を気にする必要がないことを魅力に感じる人もいます。

快適な生活を送るために必要

歯や口腔内の状況を健康に近い状態に保つことは、快適な生活を送るうえでとても大切です。インプラント治療では噛む力を戻すことができ、見た目も元の歯とほとんど変わることがありません。このことからもインプラント治療は、口腔内を健康に保つことができる治療方法といえます。

インプラントに適している人の特徴

医療器具

歯の欠損が1本だけの人

歯の欠損が1本だけでその両側の歯が健康な場合は、健康な歯を削るブリッジ治療せずにそのまま残してインプラント治療すると良いです。

嘔吐反射があって入れ歯ができない人

上顎の粘膜に入れ歯があたると嘔吐反射を起こす人がいます。これは個人差があるのでコントロールが難しいですが、嘔吐反射が強い人は入れ歯でなくインプラント治療がおすすめです。

しっかりと食べ物を噛みたい人

現在のところ、自分の歯と同じようにしっかりと噛めるのはインプラントだけだといわれています。そのため、しっかり食べ物を噛みたいと考えている人向けの治療方法です。

メンテナンスのための通院が可能な人

インプラントは治療後もメンテナンスのために定期的に歯科へ受診する必要があります。そのため、継続してメンテナンスを続けられる人向けの治療です。

顎の骨に幅と高さがある人

インプラントは顎の骨に金属を埋め込んで治療します。このことから顎の骨に十分な幅と高さがある人が治療に向いています。

適した人の特徴を知ったらインプラント治療を検討してみよう

院内

歯科医に相談してから決めるのがおすすめ

インプラント治療は外科的な手術を必要とし、治療に要する期間も長いです。更に保険がきかない自由診療であるため、治療費は全額自己負担です。そのため歯科医院でインプラント治療を受けるときは、まず歯科医に相談してから治療をするかどうかを判断しましょう。ほとんどの歯科医院では相談を受け付けているので、そこで疑問点や不安点を直接聞いてみることをおすすめします。

セラミックの歯を申し込む

[PR]
インプラント治療が大阪で受けれる!
お口の悩みを解消しよう

小岩で矯正治療を受けよう

[PR]
大津で予防歯科を受けよう
歯の健康をしっかり守ろう☆

[PR]
矯正治療を大阪の歯科で受けよう
優良医院を慎重に探そう

[PR]
赤坂で審美治療を実施中
白くてキレイな歯を手に入れよう

名古屋駅で矯正の手続き