歯の審美性で気になったら審美歯科で治療をしよう

歯型

美しい歯を手に入れると自信が持てる

審美歯科では白く美しい歯を取り戻す目的で治療を行います。歯の形・歯並び・歯の色を美しくすることで、素敵な笑顔を人前で見せられるので自信を手にできます。
アメリカではスーパースマイルを手にするために、子供の頃から積極的に矯正治療を行っています。スーパースマイルは既に社会的ステータスになっていて、求人条件に入れている企業もあるほどです。

矯正歯科でよく使われる4つの矯正器具

歯

ワイヤーを使うブラケット矯正

矯正を行う歯1つ1つにプラケットという器具を取り付けます。そしてプラケットに通したワイヤーを少しずつ引っ張っていくことで、歯全体の並びを整えていきます。プラケット矯正では見た目の問題がありましたが、最近は透明の素材が使われています。

取り外し可能なマウスピース矯正

矯正器具としてマウスピースを使う方法があります。これは主に多少の歯のずれを治すときに用いられます。
食事中には取り外せ、洗うこともできるので衛生面でもメリットが大きいです。また歯磨きも通常通り行えるので、歯そのものを綺麗に保つことができます。

見た目が美しいセラミック矯正

セラミックも歯の矯正器具として用いられます。既存の歯に白いセラミックをかぶせ、かぶせたセラミックの形を整えたあと噛み合わせを改善します。セラミック矯正の場合、痛みや違和感がほとんどなく、更に審美面でもメリットがあります。

リンガルを用いた裏側矯正

歯科での矯正という歯の表側で処置するイメージがありますが、裏側を使って矯正する方法もあります。それがリンガルという装置を用いた方法であり、裏側矯正とも呼ばれています。装置が見えないので、目立つことなく治療を進められます。